初診・再診の方、診療時間当院の特色と診療方針、院長紹介交通アクセスお問い合わせ

当院の特色と診療方針、院長紹介

患者様の身になって患者様中心の医療を行い
どんな困難な治療でも決して諦めない
患者様を失望させない


診療・治療において

 

昭和48年開院以来、湿疹、かぶれ、イボ、水虫など皮膚科一般を治療しております。
特に「ニキビの治療」には力を入れてまいりました。そのせいでしょうか昔も今も若い女性の患者さんが多いのが特徴です。最近では、患者様から要望もあり、ニキビの新しい治療法でありますケミカルピーリング、そしてニキビのレーザーも始めました。
関連病院(メイトウホスピタル)には他のレーザー治療器も設置し、アザや老人性のシミの治療も行っています。
皮膚はよく診る、見せていただくのが一番、又、皮膚科の治療には手間ひまかける事だと思います。そして、どんな困難な治療でも決してあきらめない、患者様を失望させないことを心がけて、治療させていただいています。
皮膚科(皮膚)のことならどんなことでもご相談下さい。

病診連携において

 

皮膚科においても帯状疱疹や成人水痘(みずぼうそう)等、入院して治療を必要とする場合は、当院では関連病院(メイトウホスピタル、関中央病院)にて即座に対応可能なことは幸いと思います。
専門外の病気、治療等当院では対応できない時は、関連病院(メイトウホスピタル、関中央病院)や大学病院等患者さんの状態に応じて、適切な病院への紹介はもちろん、患者さんが自分の家族ならどうする、どうしたいか、どうしたらよいかお互いに納得できる解決策をみつける事だと思います。

院長経歴

 

加藤迪彦 院長

昭和39年

昭和医大卒業
卒業後、名古屋大学皮膚科に入局、医学博士取得

昭和48年

丸栄スカイル11階に「スカイル皮膚科カトウ」を開院
現在に至る

昭和52年

皮膚科専門医認定
このページのトップに戻る